This Category : Sports

4年後Tokyoへ。

2016.08.22 *Mon*
リオデジャネイロオリンピック、終わってしまいました。
治安とか準備の遅れとかジカ熱とかいろいろ心配ではあったけど、始まってみたらやっぱり楽しかった!
あっという間だったなー。
オリンピックが大好きなんです。
去年、妊娠がわかってしばらくして、ふと、無事に産めば育休でオリンピック存分に観られる!と思ってがんばろうと思ったほど。

楽しかったですねー。毎日毎日。
朝起きたら三宅宏実選手の銅メダルの瞬間!から始まり、すぐさま競泳のメダルラッシュ!
萩野公介選手、瀬戸大也選手はきっとやってくれるはず、と今回大期待だったので個人メドレー嬉しかったです。
ライバルで、仲間で。
バチンとハイタッチしたのが素敵だった。
4年後もほーんとたのしみ。
あと、自由形リレー!
見逃してしまったんですが嬉しかったー。
日本が自由形で、リレーで、世界と勝負できる時代になったんですね。

そして体操。
団体での金メダル、まさか観られるとは。
いや、観られると思ってたけど。
そして個人総合。
団体で金を獲ったいま、もしかして個人総合は逃すか?と思っていたし、実際5種目目までそんな空気だったので、最後の最後逆転で、びっくりして涙出ました。
内村航平選手の個人総合金メダルなんて、一番盤石なのに、それで泣くことになるとは。
これが強さなんだなあ。
「こうなりたいと本気で思った」白井くんも4年後、もっと成長して、チームを引っぱってくれる選手になるんだろうな。

それから卓球!
女子も男子も良いチームでしたね。
福原愛選手、あと一歩のところでメダルを逃して、団体も準決勝で負けての3位決定戦。
それまで泣くのを我慢してたのに最後で嬉し泣き。
愛ちゃんの涙、きれいでしたね。
佳純ちゃんも美誠ちゃんも、強かったし可愛かった!
男子も水谷さん中心にすんごい良いチーム。
世界トップレベルのラリーは漫画を超えるんだな、と。
信じられないラリーの連続で、卓球ってこんなに面白いのかと思いました。

レスリングは伊調馨選手の素晴らしい4連覇の後の、吉田沙保里選手の敗戦。
勝負だから、こういうことがあるのは当たり前なんだけど、彼女の負けだけは見たくなかったというか、覚悟したくなかった。
でも、負けるのをちゃんと見られて良かった。
それでも、彼女は同学年の誇りです。
わたしは「吉田沙保里と北島康介と同学年なんだよ!すごいでしょー?」とよく人に自慢しています。←

テニスも、普段なかなか観ることがないけどオリンピックは観ます。
決着がつくまでデュース!決着がつくまでタイブレーク!
しんどいスポーツだなあと思いました。
その中で錦織圭選手の粘り。
世界で戦ってきた精神力の強さかな。

最後は陸上でお祭りです。
陸上は日本人選手が出る出ないに関わらず観るのです。
トラック&フィールドのごちゃごちゃいろんな種目が進んでいく感じ、懐かしくて大好きで。
競歩とかマラソンも大好きで。
そんな中で、4×100mリレー。
メダル、穫れるか獲れないか。
北京の銅メダルで大感動してしまったので、もし銅メダルでもそこまで嬉しいだろうかなんて贅沢なことを思って観ていたんですが、まさかまさかの銀メダル!
やってくれました。
でも、奇跡じゃないんです。
必然なんです。
4年後はもしかしたら…とこっそり期待してしまう、銀メダル。
登場の侍ポーズも可愛かったです。

いよいよ次はTokyoオリンピック。
めちゃめちゃ楽しみに待って、めちゃめちゃ楽しみたいな。
娘も4歳、一緒に観てくれるかなあ。
category : Sports

夢の架け橋

2016.08.10 *Wed*
2004年の夏、わたしは大学4年で、夏休み中でも、卒業研究と就職活動で忙しく過ごしていました。
その就活で不採用の通知が来た日。
いろいろ考えてしまい眠れず、なんとなくつけた深夜のテレビ。
アテネオリンピックの体操男子団体の決勝でした。
1種目目から最終種目の鉄棒まで、ゆっくりと流れる時間の中、淡々と進んでいく競技。
少しずつ、少しずつ、金メダルに近づく。
「栄光への架け橋だ!」というあの鉄棒の場面だけが何度も流れるけど、あれだけ見てはあの感動は伝わらない。
6種目、ひとつひとつを積み重ねて、たどり着く金メダルなんだから。
あれから、体操が大好きになりました。

あの、アテネオリンピックの団体決勝を、内村航平選手も観ていたんだなあ。
そして、団体で金メダルが一番の目標になった。
オリンピックはそういう意味でもスターを生むんだな。
個人総合、世界選手権で6連覇しても、オリンピックで金メダル獲っても、それでも、どうしても欲しかったのは団体の金メダル。
嬉しそうだったなあ。
首にかけてもらった金メダルに「重っ」て笑ったり、君が代を大声で歌って笑ったり、記念撮影で今まで見たことないような顔で笑ったり。
誰よりも嬉しそうだった。
その笑顔がみられて、何より嬉しい。

また、団体の金メダルが観られるなんて。
夢のような幸せな朝でした。

リオ・オリンピックはまだまだ続きます!
体操も個人総合、種目別があるし、今回盛り上がりまくっている競泳も。
個人的に大好きな陸上はまだ始まってもいない。
4年に一度の夏のオリンピック、まだまだ楽しみます。
category : Sports

6連覇!!

2015.10.31 *Sat*
川口日本選手権開催中ですが。

最近よく夜眠れないので、どうせなら今日は土曜日だし、体操世界選手権男子個人総合を観ようと。
第3ローテーションあたりから観ましたが、体操は団体も個人総合も、この緊張感のあるゆっくりした時間の流れがいいんですよね。

そして…内村航平選手、6連覇!
世界中の体操選手が憧れる、絶対王者。
本当に素晴らしいです。
どの種目もとにかく美しい。
技の難易度は素人にはわからなくても、演技の美しさが他の選手と格段に違うことはわかります。

そうなるとどうしても期待しちゃうのは、来年のオリンピック。
団体も個人総合も、同じように金メダルを。
心から、楽しみにしてます!

さて、ちょっと寝て選手権観るかなあ。
category : Sports

オリンピックのある風景。

2014.02.24 *Mon*
ソチオリンピック、終わってしまいました。
閉会式も見ました。
終わったなあ感をしっかり味わって、次に進むために。

自分の中で一番記憶に古いオリンピックは1988年のソウルオリンピックです。
でもほとんど覚えていません。
カール・ルイスのことくらいしか。


次の記憶は、バルセロナを飛び越して、アトランタ。
中学2年の夏休み。
田村亮子選手(当時)の柔道の決勝の時間、たぶん早朝の4時とか5時だったと思うんだけど、ちょうどうちの犬の出産が始まって、子犬が生まれてくるのを見守りながら、ヤワラちゃんの決勝も見たような気がする。
そうでなければ、当時はわざわざ起きて見ようというほどオリンピック好きでもなかったから。
7匹の子犬が生まれて、うちを巣立っていくまでの約1か月。
夏休みほぼ丸々かけて、生まれたばっかりの子犬がすくすくまるまると育っていくのは本当に楽しかった。
人生でもう一度だけ、もう一度だけでいいから、子犬が生まれて育てるという経験をしたいなあ。


1998年は長野オリンピック。
覚えてますとも覚えてますとも。
開会式からばっちり見たオリンピックは長野が最初。
たしか昼間の開会式だったけど、見れたってことは、土曜日の午後とかだったのかなあ。
中学3年の2月。
よく考えると高校受験直前だったけど、どの競技もテレビに張り付いてよく見てたなあ。
スピードスケート、モーグル、フィギュアスケート、ノルディック複合、そしてスキージャンプ。
学校でも、先生が教室のテレビを授業中につけて見せてくれたこともありました。
勉強より、ためになることがきっとあると思ったんだろうな。受験生だけど。(笑)
自国開催、たくさんたくさん、感じることがあった。
日本ってこんなにひとつになれるんだ!と感じたのも長野オリンピックのおかげ。
フィギュアスケートに本格的にハマったのも長野。
フィリップ・キャンデロロという選手(今では伝説)にハマりましてね。
その話をすると長いのでまたいつか。(笑)


2000年のシドニー。
高校3年生で、9月の開催だったので、ちょうど運動会の準備中。
うちの高校は進学校のくせに行事にはものすごく力を入れる学校で、運動会の準備も毎晩毎晩遅くまで。
その運動会の前日か、雨で延期になった日かどっちかの日に、ヤワラちゃんが金メダル!という知らせが届いたんだっけなあ。
準備しながらみんなで大盛り上がり。
オリンピックのある光景、ヤワラちゃんとともにあり。(笑)
クラス全員、というより学校全員で準備をがんばって、あの運動会はほんとに楽しかった。
今でも、母校の運動会、見に行きたいくらいです。


そしてソルトレイクですが、あまり記憶にありません。
日本勢があまり活躍できなかったからかなあ。


2004年のアテネオリンピックは大学4年。
大学生の夏休みはほぼ2か月もあるので3年生までは実家に帰ってバイトをしていたんだけど、4年生はそんな時間皆無。
卒業研究のために毎日研究室に通い、その合間に国家試験の勉強や就職活動。
オリンピックも神戸の自分の部屋で見ていました。
最初の就職試験の不合格通知が来て、ダメもとだったとはいえ少し落ち込んで、いや、自分でもびっくりするくらい落ち込んで、眠れなかった夜。
体操の団体が行われていました。
眠れない勢いで、見はじめたらそのまま朝6時。
6時間もの時間をかけてゆっくりと静かに進んでいく競技。
だからこそ、最後の最後に金メダルが決まった瞬間の感激と言ったらなかった。
夏のオリンピックで何の競技が好きかと聞かれたら、体操!と答えるようになったのは、この幸せな偶然から。


2006年のトリノ。
無事に就職もして、次の日仕事があるのにーという状況で夜中のオリンピック観戦が始まりました。
覚えているのはやっぱりフィギュア。
男子は高橋大輔。
女子はもちろん荒川静香さん。
荒川さんの演技ですが、実は2004年の世界選手権、今みたいにゴールデンタイムじゃなくて深夜に放送されていたんだけど(時差の関係?)これも偶然夜更かしをしていて遭遇したのです。
この時の荒川さんのフリーがもうほんとものすごかった。
トリノの時はもう少し、余裕のある感じで、滑っていることを楽しんでいるような、違った意味で素晴らしい演技でした。
翌日(というか朝)職場でも盛り上がったなあ。


2008年は北京。
北京オリンピックが始まる数日前、それまで大学に入学する時に買ってもらったブラウン管テレビを使っていたんだけど、やっぱりオリンピックはきれいなテレビで見たい!と思い立ち、液晶テレビを衝動買い。
自分のオリンピック好きを改めて認識しました。(笑)
いろいろあったんだろうけど、一番の思い出は陸上4×100mリレー。
オリンピックで、日本が、短距離種目でメダルが獲れるなんて・・・!
夢のようで。でも現実で。号泣。
素晴らしいチームでした。
若い3選手に大ベテランの朝原宣治選手。
今回のスキージャンプチームに通じるものがありますが、この時は若い3人が言ったのです。
「朝原さんにメダルを!を合言葉に頑張った」と。
陸上大好きなので。特にリレー。
忘れられません。


2010年バンクーバー。
またしてもフィギュアスケートですが、時差の関係でちょうど真昼間に競技が。
昼休みの時間を無理やり調整し、日本人選手が滑る時間に、とがんばりました。
高橋大輔選手のフリーはばっちり昼休みに、浅田真央選手のフリーはたしか当直明けで見れた気がする。
時差ってね、オリンピックにはつきものですが、時差がないと昼間の競技が仕事中で見れない!ってなるし、夜中は夜中で辛いけど、睡眠時間さえ削れば見られるっていう方が、どっちかというとラッキーかも。


そう思うと次のリオはなんと時差12時間。
ゴールデンタイムに行われる競技(たぶん決勝とか)がちょうど出勤時間と重なり、泣く泣く見れない予感。
どうしたもんかと戦々恐々していますが。
4年後のピョンチャンはたぶんほぼ時差なしなので、昼間の予選とかは無理でも、決勝時間帯は無理なく見れそう。
6年後は東京。
時差なんて気にしている場合ではありませんね。(笑)
現地に行かないと!
たぶん人生で最後の自国開催になるかもしれないんだから、後悔しないように、何かひとつでもいいからどんなマイナーな競技でもいいから、現地で見たいなあ。
もし職を失っていたりしたら、ボランティアでもいい。
願わくば、産休中とかで24時間自由にオリンピック観戦できる環境だとなおいい。(笑)
人生がんばろ。
そして、オリンピックが無事に開催される平和な世界を、切に祈っています。


ロンドン飛ばしてスミマセンが近すぎて逆に記憶がなかった。
ソチのことを思い出すときは、きっと、地元SGと前半がかぶってあんまり見れなかったなあとか思い出すんだろうな。
あの時、武之さん準優勝だったな~。で、優勝誰だっけ?とか。(笑)
それもまた、オリンピックのある風景。
category : Sports

氷上の女王は。

2014.02.22 *Sat*
深夜の大号泣の理由はやっぱり浅田真央選手でした。
真央ちゃんの演技には、昔から泣かされることばかりだったけど、今回は予期していなかった。
どんな演技をしてくれるのか。
まさかショートのあの失敗から、フリーこそは完璧な演技をしてくれるはず!なんて能天気に考えられるわけもなく。
逃げ出したいほどの思いがあってもおかしくない、完璧じゃなくても4分間滑りきるだけで、それだけでいいからちゃんと見届けなくてはと思って。
トリプルアクセル含め、6種類の3回転ジャンプをすべて組み込んだプログラム。
アスリートとしての、彼女のプライド。
最後のジャンプを跳び終わった瞬間の表情が、何かから解き放たれたようないい表情だった。
そして、滑り終わっての涙。
決して逃げない。
そして、自分を救うのは自分しかいない。自分自身で乗り越えていくことでしか、自分を救えないのだと。
彼女のスケートを見ているといつも感じます。
演技中から流れ始めた涙は、点数が出て、数分経っても止まらなかったです。
この演技があったから、メダル争いの最終組を晴れ晴れとした気持ちで迎えられたと思う。


男子フリーの時は「やっぱりオリンピックのリンクには魔物がいる」と思わされるように、普段見られないミスがありましたが、女子フリーの最終組は素晴らしい演技の連続。
真央ちゃんの演技に触発された部分があると思う。
本当に高いレベルの素晴らしい戦いでした。

一人目はロシアのユリア・リプニツカヤ選手。
団体戦で素晴らしい演技をして、メディアから大注目されプレッシャーも大きかったんだろうな。
普段は出ないミスが少し。
キスアンドクライでしゅんと落ち込んだ表情がかわいくてかわいくて。
やっぱり15歳の女の子なんだなあ。
15歳、まだまだこれから、と思われると思うけどフィギュアスケートはここからが難しい。
特に女性は体が変化するので彼女も少なからず苦労することになると思う。
真央ちゃんも15~6歳のころが一番軽々ジャンプを跳んで、楽しそうに演技をしていたなあと思います。
でも彼女は4年後でもまだ19歳。1年1年が楽しみ。
彼女にしかできないあのキャンドルスピン、本当にきれいです。

銅メダルはイタリアのカロリーナ・コストナー選手。
もう27歳かあ。
彼女といえば、ショートではまあまあの演技をするんだけど、とにかくフリーでボロボロになるイメージ。
最近はあまりしっかり見ていなかったけど、世界ランク1位ということは実績を残しているんだろうなと。
今回はミスなくしっかりとまとめて銅メダル。
彼女がメダルを取れてよかった。本当によかった。

銀メダルは韓国のキム・ヨナ選手。
彼女の今シーズンの演技はオリンピックで初めて観たんですけど、やっぱり安定感抜群の素晴らしい演技でした。
まったく失敗する気がしないというか、競技会じゃなくショーを見ているかのような。
ポイントが出た瞬間の、切なさの混じった、ほっとしたような笑顔が良かったです。

金メダルはロシアのアデリナ・ソトニコワ選手。
メディアの注目がリプニツカヤ選手に集まっていたので、彼女は気楽に滑れるのかと思っていたんですが、ショートの気合いの入りまくった演技を見て、逆になんで自分に注目してくれないの!という反骨心みたいなものを感じました。
そしてそれをショート、フリーともに完璧な演技として昇華させた。
金メダルが決まった時の、走ってコーチのもとに行った後ろ姿が良かったですねえ。


オリンピックのフィギュアはこれで終わり。
あとは楽しいエキシビション。
でも、すぐにまた世界選手権があるので、そちらも楽しみに。
category : Sports

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Categories

Recent Comments

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

In Blog Search

Archives

 

Copyright © Key Of Life All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材:ふわふわ。り)