スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしが選ぶ

2009.12.20 *Sun*
突然パソコンの操作性が悪くなってこまっています。もう4年だもんな。
ソフトバンクのCMは18時50分からというやつは見事に見逃しましたが、HPで確認したからいいとしよう。
マイフェアレディ見てたので想像通りですが、こんなにお金かけて回収できるのか心配です。
ほとんどアドリブってところが素晴らしいですねえ。

今、オートレースオフィシャルHPでは今年のベストマッチ・オブ・ザ・イヤーが募集されていますが、わたしが選んだのはこれです。
全然絞りきれてないけど。

 プレミアムカップ in Summer 優勝戦 (高橋貢)
これはたぶんベストテンに入るでしょう。
一本道といわれた船橋の雨走路、トップスタートを切った田中茂選手の後ろにぴったりつき、ワンチャンスで一気に捲りあとは独走。
さすが王者というレースでした。

 黒潮杯優勝戦 (田中茂)
その田中茂選手はこれかな。
年末から先頭に立って独走すると誰も止められなかった永井大介選手をあっさりとらえ敵地で完勝したレース。
「どんなもんじゃい!」も聞けました。

 SG日本選手権2日目特別予選 (早川清太郎)(永井大介)
その永井くん、1着レースで思い浮かばなかったのでこれです。
今年はずっと強かったけどやっぱり強いと思わせられたレースですね。
場内からは拍手が起きていたそうです。
清太郎くんも地元の意地、いいレースでした。

 SG日本選手権優勝戦 (木村武之)
その日本選手権、優勝したのは木村武之でした。
涙のグランプリ制覇よりこちらを選んだのはやっぱり絶対王者を捌いたレースだから。
でもわたしはそのシーンよりも貢さんが先頭に立った直後に有吉くんをあっさり捌いたシーンが好き。
本当に強さが見えるレースでした。

 ダイヤモンドレース優勝戦 (有吉辰也)
その有吉くんはこれです。
スタート不利な8枠からトップスタート宣言どおりにトップスタート、でもそのまま独走するわけではなく、何度も食い下がる武ちゃんを技と気合で押さえ込みました。
わたしは悔しくて表彰式とインタビュー見れませんでしたけど。

 サッポロビールカップサマーファイト優勝戦 (浦田信輔)
飯塚勢で忘れちゃいけないのが浦田さん。
8番手スタートから3車4車とごぼう抜き。こんなレース浦田さんにしかできません。
任せて安心レーサー、常勝浦田信輔まかり通る!強い!レースです。

 プレミアムカップ in Summer 選抜戦 (金子大輔)
浜松勢からは金子くん。雨走路での三つ巴大激戦。
インしか効かないといわれた走路でしたが自分のコースを守って走ったのが勝因かな。
どんな時でも冷静な走りを見せてくれる若手にしてベテラン風レーサーです。

 レッドリボンカップ特別選抜戦 (佐藤貴也)
浜松29期からもうひとり、貴也くん。
若獅子も嬉しかったですがこのレースも本当に嬉しかった。
強豪23期コンビを相手にスタート決めてはやめに攻めて逃げ切る、これしかないというレース運びで見事に勝ってくれました。

 プレミアムカップ in Winter 準決勝戦 (森且行)
森くんはこれです。
秋から冬にかけて絶好調を維持していたのにSG級の大きい大会になると落車やフライングで自滅。
このときも地元のプレミアムカップ、気合が入っていたんでしょうがまた準決勝でフライング失権。
もう悔しいやら情けないやらという気持ちだったと思いますが、2回目のスタートもしっかり切って1着ゴール。
強くなった精神力に、失権だけど嬉しかった1着でした。

 川口市営第1回第2節優勝戦 (田代祐一)
これは田代さんが勝ったレースですが、30期の廣瀬選手の気持ちが見えて泣けるレースです。
デビューから3ヶ月、30期生として初めての優勝戦で天気は得意の雨。試走も田代さんと並ぶ一番時計。しかもハンデもありますから初優勝の絶好の舞台が整っていました。
でも田代さんも新人にそう簡単に負けるわけにはいかないと早い攻めをみせ、それでも廣瀬くんは抜かれても何度も食い下がり最後には切り返しを狙いますがやっぱり田代さんが何枚も上手、勝てませんでしたが。
そんな果敢なレースを見せた廣瀬くんですがピットでは酸欠になるんじゃないかと心配されるくらい緊張していてみんなで話しかけて落ち着かせてあげていたそうです。
田代さん曰く「あんなに緊張してなきゃ優勝してたよ」と。
あれから8ヶ月、まだ優勝はありませんが、広瀬くんはじめ30期生は着実に成長しています。

 船橋オート祭「鉄人2009」 (岩田行雄)
そんないつでも本気のレースが魅力の田代さんがもうひとりの主役、鉄人2009。
これはオート祭の予選のひとつではありますが、ひとつのショーです。
ベテラン選手の技と技の競演。最初からストーリーができていたかのような白熱のレース。
実況の吉原さんが「観戦料を払ってもいい」と言ったくらいの素晴らしいレースです。

 西日本スポーツ杯争奪戦優勝戦 (穴見和正)
わたしが虜になっている穴見マジック、その中でもこれを選びました。
ほかにもいーっぱいあるんですがどれも素晴らしいし、面白い!
特にこのレースは引退する弟子の餞に、穴見さん自身気合の入っていたレースです。

 川口市営第2回1節特別選抜戦 (片平巧)
最後にオート界のカリスマ、片平さんはこの地味なレース。
技で押さえ込む大ベテラン篠崎実選手に苦しむ片平さんですが、最後の1周、それなら、ときっとチョイ差しを狙って大外ぶん回したんだと思います。
技と技のぶつかり合い、本当に片平さんはレースが上手い。

全く需要はないと思いますが書ききってやりました。
現在、伊勢崎、船橋、山陽でクリスマス開催をやってます。
浜松勢は伊勢崎に乗り込んで対抗戦です。
これが終わると3日間はさんでいよいよスーパースター。ドキドキ。
category : AutoRace

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories

Recent Comments

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

In Blog Search

Archives

 

Copyright © Key Of Life All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材:ふわふわ。り)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。