ヤマト

2010.12.01 *Wed*
祝、公開!SPACE BATTLESHIP ヤマト、観てきました。
感想の前に、木村さん、プロモーションほんとおつかれさまです。
映画ってほんと大変だよねー。
露出多くて嬉しいのは嬉しいんだけど、追っていく方も大変という。
まだしばらくは、続くと思いますが。がんばって。

まず、わたしは原作(というか元になったアニメ)をまったく知りません。
そんで、ネタバレとかパンフとか雑誌とかも読んでないので、完全に映画だけの感想なんですけど。
だから原作を好きな人に感想聞きたいですね、っていうのが感想(苦笑)
吾郎さんのジャッキーの映画に対する感想と同じような感じかな。
原作とか、戦争ものとか軍艦ものとかアクションとかSFとかCGとかが好きな人にはたぶんオススメです。
敵のガミラスの戦闘機の描写とか、ウルトラマンとか思い出して、これ男の子好きだろうなーと。
で、吾郎さんも言ってたけど、木村とか黒木メイサさんとかマイコさんとか、顔がアニメっぽいのでこの世界観には合ってる気がします。
脇を固める役者さんは豪華。
緒方さんも、柳葉さんも、池内さんも、西田さんも、山崎さんも、カッコよかったー。
そしてチラッとしか出てこない堤真一さん、いい味出してます。
堤真一さんと中井貴一さんは絶対ハズレのない役者さんです、わたしの中では。

肝心の古代進なんですけど、残念ながらわたしはまったく感情移入できなかった。
何歳くらいの設定か知りませんが、子供っぽすぎる。
地球と未知の生物の戦いという壮大な目的を持った軍隊に入って戦ってるのに「兄貴を見殺しにした」とか、普通わかるでしょ、子どもじゃないんだから、と。
感情に流されるところ、自分勝手なところなんかも、軍という組織の一員としては適さないと思うし、艦長代理となってからも・・・一番気になったのは、森雪に謝るところ。
そこ謝っちゃいかんだろ?と思いましたねー。
謝ってしまったら、その指示は間違ってたっていうことになってしまうんじゃないか?そのほうが乗組員の命を犠牲にしてないか?と。
森雪とのラブストーリーの部分も、どうして惹かれ合ったのか背景が描かれていないので全く感情移入できず。
古代進が艦長代理としてまともになってきたと思ったら、今度は森雪が駄々をこね始める。
ふたりとも、地球を救うという使命感を持って軍に入ってヤマトに乗ってきてるわけだから、もうちょっと割りきってくれよ、とわたしは思ってしまったんですけどねー。
冷めすぎ?(笑)

全体としてはなにかテーマがあるんでしょうか?わからなかったけど。
地球に攻撃された理由が、なにか現代人の行動に問題(環境汚染や森林伐採など)にあるんだとすれば、もっと地球を大切にしましょうみたいなテーマがあるんだとわかりますが、そうではなく、たまたま(?)という感じなので、そうであればわたしは地球が滅亡してもまあ仕方ないかな、と思えるかな。
やっぱり冷めてますねー。

予告編で「僕と妻の1778の物語」が流れて短い予告だけで泣きそうになりました。
やっぱりわたしにはこっちのほうが合ってるかな。
category : 観る

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories

Recent Comments

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

In Blog Search

Archives

 

Copyright © Key Of Life All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材:ふわふわ。り)