夏休みの夕暮れ

2011.06.12 *Sun*
真夏の方程式真夏の方程式
(2011/06/06)
東野 圭吾

商品詳細を見る


ガリレオシリーズ最新作。
表紙のとおり、題名のとおり、湯川先生の夏休みのお話。(雰囲気だけ。実際はお仕事。)
全体の雰囲気で、HERO特別編を思い出しました。
わたしはあの特別編がものすごーく好きなのだ。
映画版なんかよりずーっと好き。
まだ梅雨に入ったばかりで、実際はじめじめして空気はまだひんやりするけど、読みながら、夏に飽きてうんざりしている頃の、夏休みの終わりかけのちょっと切ない感じを思い出した。
恭平くんがごく普通の男の子なんだけど、可愛くて魅力的だ。
そしてその恭平くんに接するときの湯川先生はもっと可愛くて魅力的だ。
ふたりで実験するシーンは波のキラキラが目にみえるようだった。
ひと夏の思い出、という感じで爽やかに終わってもいいと思うんだけど、そこをただのすっきりで終わらせないところが東野圭吾作品。
きっと恭平くんはあと数年後、湯川先生のゼミに入ってくるんだろうな。
いろんなもの乗り越えて、会いに来てくれると思う。
category : 読む

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories

Recent Comments

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

In Blog Search

Archives

 

Copyright © Key Of Life All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材:ふわふわ。り)