明日への挑戦

2011.06.26 *Sun*
どれだけ昔の話を持ち出すんだという感じですが、そういえば記していなかったもの。
「オートレーサー永井大介 明日への挑戦」
P1020311.jpg

テレビ東京で放送されたものだったかな。
こちらでは観られなかったので、嘆いていたら、優しい方が手を差し伸べてくれました。
もうほんっと、優しいお兄さん、ありがとうございます!!
観られなかった方もいらっしゃると思うので実況風に萌えポイントを書きだしてみます。

オートレースの映像がハイビジョンで見られるだけで嬉しいと感じてしまう安いファンなんですが、永井さん云々というより、これ、取材が浜松のジェネレーションズカップなので浜松のロッカー内の映像が満載。
もうそれだけでうひゃひゃーですわよ。
前検日、タクシーから降りてくるところから始まるわけですが、永井さんの隣から降りてくる若井さん。
いつも仲良いよねー。
管理に預けた永井さんの携帯はスマートフォン?(ほんとどうでもいい話)
ロッカーに入ると、信夫さん、正悟さん、健吾くんが。
信夫さん「前回はすみませんでした」と謝る。(選手権優勝戦のフライングのこと)
永井さん「あ、とんでもないです。とんでもないです。」と恐縮。
普段の慣習なんだろうけど、信夫さんのきっちりした性格が表れてる気がするなあ。
後ろにチラッと見える橋本陽介さん、貴也くん。
一緒に整備をする筒井くんと下平さん。
今回の永井さんのロッカーは20番。
隣のロッカーの山浦くんが梱包をすでにバラしておいてあるそうだ。
その山浦くんに「ありがとね」「おめでとう」と声をかける。(レッドリボンカップ優勝のことです)
ナレーションが入り「山浦選手は人気実力を兼ね備えた若手のホープ」と紹介される。
書き忘れましたがこのナレーション、今回のレポーターの水野裕子さんです。
山浦くんは永井さんに憧れていて「勝ち方がカッコいい」とのこと。
うん。それは山浦くんを見ていればわかるよ。
永井さんは愛車ダビド・ビジャを検査に出します。
グレードレースで優勝すると違法な整備をしていないかをチェックする必要があるんだそう。
なるほどー。
その後、練習へ。永井さんと合わせている29期は山浦くん?かな。

レース初日、宿舎から出てくる眠そうな永井さん。
ここでエンジンの音を聞くのにロッカーから押しがけして出てくる武ちゃんがチラッと映っています。きゃわわわー!(映ってるのここだけなので何度もリピート)
そして永井さんしか映っていない整備シーンは割愛しまして。
ここで水野裕子さんが浜松オートにやって来ます。
ちなみに、水野さんが観ているはずのレース、最初は初日の4Rが流れていますが、途中から7Rになっています。(見覚えのある赤いヘルメットの人が走っているのでわかる)(しかも勝ったレースだ)
そして水野さんはロッカーへ。
入り口から入っていくと、右側に正悟さん、尾藤さん、陽介さんがお出迎え。
尾藤さん、椅子に座っているだけなんだけど、かなりの貫禄だ(笑)
レース前で防具を身につけて歩いてくる筒井くん。
その後ろ姿だけで判別可能な青嶋裕治さんの横を通り、永井さんのロッカーに到着。
整備の合間なのに丁寧に取材に応える永井さん、こういう所はさすがだ。
オートレース広報担当スター選手として永井さんの存在は大きいと思うんだ。
「ブレーキはついてないんですよ」というような話を何度いろんなレポーターに話して、何度「ブレーキついていないんですか!?」と驚かれてるのか。
それでももうやらないと言わないのが永井さんのすごいところ。
あ、後ろにサンスポの山本さん映ってるなあ。(←なんていうマニアックな視点)

と、ここで永井さんの幼少時代のお写真が。これは貴重かも。
プライベートのジムでのトレーニング映像なども。
養成所の加藤所長まで登場。

ロッカー映像に戻り、レースに向かう準備をする永井さん。
「行ってらっしゃい」と声をかける真吾くん、和田くん、途中同期の戸塚さんに声をかけ、永冨さんと貴也くんにも声をかけられレースに向かいます。
検車場の緊張感はいつみてもいいですなあ。
試走を飛ばしてロッカーからいきなりレースに行くみたいな編集になってますが。
永井さんは当然のように1着。すばらしいです。
自身がなぜ強いのかという話しをしている後ろでちょこまかと走ってくる井村さんかわゆす。
そして永井さんの強さについて語るまこちんと若井さん登場。
「あいつ」と呼ぶところに同期愛を感じるなあ。
幼なじみとのプライベート映像も登場。
おなじみの愛犬との散歩映像まで。
強いのになかなかうまくいかなかったときに中村俊輔さんの「察知力」という本を読んですぐSGを獲れたという話を。
やっぱりアスリートにはアスリートにしか通じない何かがあるんじゃないかな。
今度は宿舎で夕食中の25期3人衆のところに。
養成所に入るとき、みんな覚悟を決めていく感じなのに永井さんにはそれはなかったというチクリ話が若井さんから。
「いかにして手を抜くか。そういう才能に長けている」・・・若井さん、厳しいなあ。
(朝のマラソンの時)「声出したことないでしょ」というまこちんからの指摘に「ふたりとも野球部なんで声がでかい。自分はゴルフ部なんで。」と言い訳するプリンス(笑)

養成所取材の部分は華麗に割愛し、最後はこのジェネレーションズカップの優勝戦。
結果はご存知の通りの5車落車の事故レース。
永井さんも巻き込まれました。
優勝してればきれいに番組が終わったんだけど、仕方ないです。

こちらで放送されなくて、本来見られなかったはずのこの番組。
チラチラ映る浜松の選手にきゅんきゅんするわたしにはありがたすぎる番組でした。
いつもいつもお世話になりましてありがとうございます。
そしてもう一度見直すにあたってこの間頂いたロッカー表が非常に参考になりました。
そちら方面にも、ありがとうございます。
今後もお世話になると思います。よろしくお願いします。
category : AutoRace

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Categories

Recent Comments

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

In Blog Search

Archives

 

Copyright © Key Of Life All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材:ふわふわ。り)