夏の終わり

2011.08.20 *Sat*
2011年の夏の甲子園。
日大三高の優勝で幕を閉じました。
甲子園の終わりとともに、夏が一気に終わりに近づいて、秋の風が吹きます。

優勝した日大三高、強かったあ。
強打強打と言われてきていたけど、守りも堅く、エースの吉永くんも素晴らしかった。
吉永くんは、韓流ドラマに出てきそうな涼しげなイケメンで連投が続いて疲れがあるはずなのに最後まで表情変えずに投げ続けました。
光星学院も東北の期待を背負って決勝まで残ったけど、最後は力が出せなかったかな。
東北勢といえば、もちろん福島代表の聖光学院も注目でしたが、今大会一番いい試合をしたのが秋田の能代商業じゃないでしょうか。
如水館との3回戦、9回10回と二度のサヨナラのピンチをホームでのタッチアウトで防いだ。
本当にいい試合だった。
地方大会から全試合ひとりで投げ切ったエースの保坂くん、おつかれさまでした。
エースといえば今大会一番の注目は東洋大姫路の原樹理投手かな。
最後は好投実らず負けてしまったけど、今後の活躍も楽しみなひとりです。
そして今大会一番注目してたのが習志野高校でした。
初戦で静岡高校と対戦してから、いいチームだなあと思ってました。
「全員で束になって1点を獲る」という言葉どおり、泥臭く、1点1点を積み重ねるそんなチーム。
ピッチャーも、先発を務められるほどの選手が何人もいて3回戦まで毎試合違う先発投手。
3回戦、1点差の9回1アウト1塁3塁という場面できちんとリリーフできて1点を守れる、完成度の高いチーム。
その場面で投げた木村光彦くんは2年生。
2回戦で完投した大野くんも、3回戦準々決勝で先発した在原くんも2年生。
来年がとても楽しみです。
そして何より一番惹きつけられたのはキャプテンの宮内くん。
足が速くてよく打って守りも堅い。いい選手でした。
キャプテンとして、3回戦で負けたあとのインタビューに応えていた時の表情が、悔しくて泣くわけでもなく、やりきったという清々しい表情でもなく、ただ淡々としていました。
なんというか、試合に負けたことをしっかりと受け止め、次はどうやったら勝てるだろうかと考えているような表情。
3年生の夏、特別な1試合のはずなのに、まだこれで終わるような気がしない。
前を見ている、そんな表情でした。

球児たちの夏が終わったそんな日。
20代最後の年が始まりました。
わたしも何か目標を持ってがんばってみます。
まずは、フルマラソン目指して走ってみます。
なにか見えるかもしれない、と期待して。
category : Sports

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories

Recent Comments

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

In Blog Search

Archives

 

Copyright © Key Of Life All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材:ふわふわ。り)