夜明けの街で

2011.10.02 *Sun*
夜明けの街で (角川文庫)夜明けの街で (角川文庫)
(2010/07/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る


かなり前に読んだ作品ですが、映画化ということでもう一度読んでみました。
物語は、ラブストーリー?というか、不倫の話だけど。
妻子がありながら、ほかの女性に急速に恋に落ちていく主人公の心情がとにかくリアル。
わたしは結婚していないのでわかりませんが、結婚している人が読んだら、自分が同じ状況に置かれたらどうしよう?と、普段「不倫なんてするやつは馬鹿だ」と思っている人だって、そう思うんじゃないかな。

この間大学時代の友達と話していたとき「既婚者とデートするなんて時間の無駄」という友人がいて、彼女は若い学生と付き合ってる友人にも「何年も待つなんて時間の無駄」と言ってましたが(笑)
すぐに結婚したいんだったらたしかにそうだけど、わたしは決して無駄だとは思わないけどなー。
どんな相手でも、出会いは絶対に人生において財産になると思ってますが。

結末は、というか秋葉の心の内は、本当はどうだったんだろう。
文字だけだとどうとでも解釈できるので、映画で見て、役者さんの表情で読み取りたい。
秋葉役は深田恭子さんらしいけど、結構難しいと思うなあ、この役。
できれば映画館に行って確かめたいと思います。
category : 読む

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories

Recent Comments

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

In Blog Search

Archives

 

Copyright © Key Of Life All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材:ふわふわ。り)