オリンピックのある日常

2012.08.02 *Thu*
ロンドンオリンピックももう7日目。
すでに、あと10日もすれば終わってしまうことを想像して寂しくなってしまいます。
始まってすぐ、柔道!競泳!サッカー!卓球!テニス!アーチェリー!重量挙げ!馬術!(観たぞクラスタの中で大人気)などなど、ほんとに楽しいです。
日本とロンドンは時差がちょうどよくて、ちょうど仕事が終わったくらいの時間から夜通し朝までずっと観戦できる、という素晴らしい日程。
いや、もちろん多少の睡眠時間は犠牲になりますがそんなもの。4年に1回だもの。
昨夜も、0時前に1時間半ほど仮眠して、柔道の3位決定戦を経て、体操個人総合決勝を最後まで観て、北島選手の200m決勝を観て、また1時間半ほど寝て仕事に行きました。

前半の個人的メインは体操。
期待していた団体、ミスが多く出て中国には及ばず。
それでも、銀メダルは素晴らしいんだけど、うれしいんだけど、なんだかすっきりしなかった。
それは、最後の採点が覆って後味が悪いからとかでは全然なく、やっぱり内村くんの笑顔が見られなかったからだったんだな。
個人総合を観て、最後の最後にやっと気づきました。
わたしは、内村くんの笑顔が見たかったんだ。
予選、団体決勝の不完全燃焼を少しずつひとつずつ丁寧に上書きしていく静かな時間。
体操に大逆転はない。
ひとつずつ、地道に点数を重ねていくしかない。
種目が進んでいくにつれ、だれも手が届かない独走の展開に。
最後の最後で銀メダルを決めたドイツの選手がその点数を見て大喜びしていたように、彼らの中では金は内村がとるに決まっている、という認識だったんだろうな。
やっぱり内村航平は世界一なんだと、それをオリンピックの舞台で確認できてほんとうに幸せでした。
今大会初めて見られた笑顔。
表彰台のうえで、首にかけられた金メダルを、うれしそうに眺める姿。
「夢みたい」と、世界選手権を3連覇中の絶対王者が言うんだもん。
オリンピックで勝つということは本当にすごい。
4年後は、きっと、団体と個人で両方金メダルをとってくれると思っています。
また期待して、どんなに睡眠時間削っても、絶対に最初から最後まで観ます。
ありがとう。
ロンドンオリンピックに忘れられない思い出ができました。


そして終わってすぐ後に競泳男子200m平泳ぎ決勝。
北島康介選手が金メダルを取れるかどうかなんて、にわかファンにはわからなかったけど、でも観なければと。
結果は北島選手4位、最後の最後に北島選手を抜いて立石選手が銅メダル。
世間がどう受け止めたかはわからない。
でもわたしは、北島選手のレースの中で最高にカッコいいレースだと思いました。
前半、世界記録を上回るペースでレースを引っ張り、最後は力尽きてしまったけれど。
レース後のインタビューを見たらすべてを出し尽くしたといったすが清々しい表情。
本当は、2大会連続2冠という選手が、もう一度オリンピックという舞台に出てくるだけで素晴らしいと思うんだ。
しかも100mも200mもきっちり決勝進出。
頂点を極めた選手が、負けるところまでやりきって終わる、ということが、カッコいいと思えるようになったのは自分が大人になったからかもしれない。
頂点を極めたところで潔く去っていくのがカッコいいと以前なら思っていたかも知れない。
でも、いまは、最後までやりきって、負けて、後輩にその姿を見せて、オリンピックを終える北島選手が最高にカッコいいと思う。
同い年にこんな素晴らしいアスリートがいて誇らしいです。
まだメドレーリレーが残っているとのこと。
最後まで、全力で、悔いなく。

体操は種目別決勝が残っています。競泳もまだ残っています。
そしてそろそろ陸上競技が始まるし、レスリングもあるし、シンクロも。
テニスもバドミントンも楽しみです。
まだまだ、睡眠不足できっついですが、4年に1度のお祭りを楽しみます。
category : Sports

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories

Recent Comments

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

In Blog Search

Archives

 

Copyright © Key Of Life All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材:ふわふわ。り)