真夏の方程式

2013.07.10 *Wed*
映画「真夏の方程式」を観てきました。
ストーリーはほとんど原作に忠実なので、感想も原作と同じです。(ちなみにコチラ
ですが、原作の時には感じなかったけど、前作「容疑者Xの献身」と同様にこの物語も根底にあるのは深い無償の愛だったんだなあと、映画を観て感じました。
人の愛というものは、想像もできないような力を生むんだなあ。

この映画の一番の見どころはもちろん、湯川先生と恭平くんが海で実験をするシーン。
海の美しさと恭平くんの無邪気に喜ぶ姿にキュンキュンしました。
なによりも、湯川先生が地道に実験をするというシーンは今までのガリレオの中でもなかなかなかったような気がする。
このあいだテレビで「容疑者Xの献身」を放送していましたが、その中で「物理学者と数学者は問題に対するアプローチが全く違う。物理学者は仮説を立てそれを実験によって実証する。それに対して数学者はすべて頭の中で答えを導く。」というようなセリフがありました。
そのセリフのとおり、真夏の空の下、普段しないようなラフな格好で、恭平くんにきれいな海の中を見せるために、そして科学の面白さを知ってもらうために、ひたすら実験をする。
最高のシーンでした。
湯川先生+子ども、という組み合わせがなんとも絶妙で。
旅館の中をこっそり調べるシーンも、一緒にご飯を食べるシーンも、良かったなあ。

もちろん、原作同様、すっきり何の曇りもないというエンディングではありませんが、小学校のころの、短かった夏休みの記憶がふわーっと呼び起されるような、素敵な映画だと思います。
category : 観る

COMMENT

恭平くんとの掛け合いが絶妙で、楽しかったですね。
私は、原作の湯川と草薙や、湯川と内海との関係性が好きなのですが、
彼らとはまた違う空気感を感じることができて、わくわくしていました。

いつの間にか、一生懸命になっている湯川もかわいかったです。

by リベ #-
2013/07/11(木) 20:07 [Edit
恭平くん、よかったですよねー。
海の中の景色を見て喜ぶシーン、泣けてきちゃいました。
「子供嫌い」という設定の湯川先生が、恭平くんのペースに乗せられていくのもかわいかったですねー。
もう一回観たいです!
by ノブミ #-
2013/07/12(金) 18:24 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories

Recent Comments

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

In Blog Search

Archives

 

Copyright © Key Of Life All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材:ふわふわ。り)