618勝目!~G1シルクカップ争奪戦優勝戦

2014.01.15 *Wed*
トータリゼータエンジニアリング杯開場37周年記念G1シルクカップ争奪戦 最終日12R優勝戦
1着 木村武之 試走/3.28 競走/3.371 ST.0.06

ほんっとに、ほんっとーーーーーに!素晴らしいレースでした。
優勝おめでとうございます。
試走を見ても、いや試走を見なくても、今回は地元の絶対王者と武之さんの一騎打ちだという予想はいろんなところでされていましたし、わたしもそう思っていました。
試走はおふたりとも28。
結果がすべてなので、贅沢言っても仕方がありませんが、今回は、武之さんが貢さんを捌くところが見たかったんです。
スタートで先に出てそのまま逃げる、ではなくて、貢さんが先に出て、それを捌いて勝つところが見たかった。
完全に抽選となった枠番も、王者が2枠、武之さんが4枠と絶好。
スタート後、貢さんの後ろにつける理想通りの展開。
ただ、なかなか捌けない。
何度も何度も仕掛けても、王者は許してくれない。タイヤが滑っているようにも見える。
最後の1コーナーで入れなかったとき、ここまでか・・・と思ったけど、まさか外からまくって勝つとは。
ゴールの瞬間、心から「やったー!」って叫びました。
ほんとにカッコよかったし、ほんとにうれしかったです。

201401151.jpg
今回は、ウィニングランもインタビューもたっぷりオンデマンドに残っているので後からでも楽しめました。
いい表情でしたねえ。
今回のシルクは追加あっせんでしたが、やっぱりシルクといえば貢さんと武之さんの名勝負!ですよね。
この後、2月は2回も伊勢崎にあっせんがあるので、またいいレースを見せてください。
あ、もちろん次の川口G1も、もちろんもちろん地元のSGも。
楽しみいっぱいです。
まだ2014年は始まったばかり。
スーパースターのリベンジは、スーパースターでしかできないと思うし、先は長いけど。
一戦一戦積み重ねていくことがそこにつながると思うので。
次のレースも、またがんばってください。
今節もおつかれさまでした。


今日は1月15日。あの日から2年。
忘れることはありません。
優勝戦の前の11R特別選抜戦も白熱したいいレースでしたよね。
前輪浮かせながらもトップスタートを切ったいわっちゃん。
昨日惜しかった直也くんは、一度片平さんに捌かれるも捌き返して逆転。
6Rのマヤちゃんも、途中までいい逃げっぷりでした。
31期の仲間は確実に成長して、頑張っているよ。ひろみちゃん。

マシンスポーツとはいえ、やっぱり人間の心を動かすのは人間でしかないと思う。
オートレースが面白いのは、やっぱりレースに選手の気持ちが見えるからだと思う。
だから、選手には今日のようないいレースをもっと期待して、ファンもそれをしっかり受け止めて、できればオートを知らない人たちに少しでも伝えていけたらいいなあと、思います。
category : AutoRace

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories

Recent Comments

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

In Blog Search

Archives

 

Copyright © Key Of Life All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材:ふわふわ。り)