This Category : Sports

時差5時間の地で。

2014.02.16 *Sun*
ソチオリンピック!開催中でございます。
チームジャパンの活躍も続々と。
メダルを取れなくても取れても、うれしくても悔しくても、すべての光景が目に焼き付いて、きっと何年経っても思い出すんだろうな。
おおげさじゃなく、毎日泣いています。仕方ないです。


メダル第1号はスノーボードハーフパイプの平野歩夢選手、平岡卓選手。
15歳と18歳のふたり。
スノーボードは今回新種目のスロープスタイルにしろ、このハーフパイプにしろ、とにかくカッコいいですよね。
子どもや同世代が観て、きっと、カッコいい!あんなふうにできるようになりたい!って思うはず。
遊びに行ったゲレンデで、真似してみたくなる人が続出するはず。
でも、もちろんあんなふうにはできないことに気づく。
あんなふうにできるには、とてつもない時間と努力が必要なんだと気づく。
ああ、やっぱりオリンピック選手はすごいなあ、と思うだけの人もいるだろうけど、中には、自分もがんばってみようって練習を続けたりトレーニングを始めようって人がいるんじゃないかと思う。
それがスポーツですよね。
カッコいい!強くなりたい!上手くなりたい!という思いで努力する。それがスポーツ。
平野選手、平岡選手、金メダルには届かなかったけど、また次に繋がる。
2位、3位というのは絶好の位置だと思う。
4年後、楽しみですねえ。


ノルディック複合で渡部暁斗選手が銀メダル。
ノルディック複合といえば、日本人にはとても馴染み深い種目ですよね。
ウィンタースポーツの中で一番最初に知ったのがノルディック複合なんじゃないかと思うくらい。
荻原健司選手というとんでもない選手がいまして、日本に団体で連続金メダルをもたらしてくれました。
わたしは、長野オリンピックで双子の兄弟で一緒に出場した光景が一番印象深いです。
クロスカントリーを滑り終えて、健司さんと次晴さんがふたり並んで白い雪の上に倒れこんだ光景。
メダルはリレハンメルから20年ぶりだそうです。
ラージヒルも団体も楽しみ。
で、やっぱりノルディック複合って面白い!
ジャンプとクロスカントリーってどういう組み合わせなのかいまだに謎ですが、やっぱり面白いです。


今大会初の金メダルはフィギュアスケート男子シングル。
他はまったくのにわかファンですが、フィギュアはずっと見続けているので、にわかではないです。
競技の見方もわかっているし、だいたいの勢力図もわかっています。
高橋大輔選手に魅了されて、彼を応援し続けていたけど、金メダルを取れる可能性が一番高いのは羽生結弦選手だと分かっていました。
SPはまさにパーフェクト。
点数が出る前から100点は超えられる、と確信できるくらいのパーフェクト演技。
でもフリーは、6分間練習に出てきたときから表情がめちゃくちゃ緊張している。
しかも体もガチガチのようで、ジャンプが全然決まらない。
これは・・・きっと昨日のようにはいかないな・・・と覚悟して迎えました。
そしてやっぱり、ジャンプでミス。
全体的にもSPと比べて体が動いていない印象。
やっぱりたくさんの世界大会を経験していてもオリンピックは特別なんだと、思い知らされました。
そして次のパトリック・チャン選手の演技でさらにそれを思い知らされました。
彼でも、こんなにミスをするほど緊張するんだ。オリンピックは。
金メダルは、もちろん素晴らしいし、うれしい。
でも、結弦くんのインタビュー第一声のようにやっぱりちょっと悔しかった。
彼にはまだ先がある。
でもこの先4年間、きっと順調な道のりではない。
金メダリストとしての重圧、注目度が上がることでの不都合、もしかしたら怪我とかその他の問題もあるかもしれない。
でも絶対に、今回の「悔しさ」を忘れずに、4年後はフリーでもパーフェクトな演技を。
メダルセレモニーでのはじける笑顔。
表彰台に一礼をしてぴょんっと駆け上がった一番高い台の上。
君が代を聞かせてくれて、ありがとう、結弦くん。


そして今朝、スキージャンプ・ラージヒルでレジェンド葛西紀明選手が銀メダル!
7度目のオリンピックでレジェンドと言われている葛西選手ですが、代表が決まったとき「まあ、8回目も出ますけどね」としれっと言い放ったのを見て、すごいこの人!と改めて感じたのでした。
念願の個人でのメダル。
リレハンメルの団体銀メダルから20年。
21歳から41歳の20年、どんな思いでトレーニングを続けてきたのか、想像もできないけれど。
フラワーセレモニーの表彰台でジャンプして喜ぶレジェンド、インタビューで第一声「やったー!」と叫ぶレジェンド。
誰もが「よかった。報われた。」と思うところですが。
ご本人は「まだまだ金メダルを目指して頑張ります!」と。
あと10年はやるそうですよ。
この向上心、このいい意味での「年甲斐もなく」感、オートレースにもものすごく通じるものがあります。(笑)
4年後も8年後も、がんばれレジェンド。
あ、その前に団体も、がんばれ。
category : Sports

節目くらいは、野球のことを。

2013.10.15 *Tue*
西武ライオンズの2013シーズンが終わりました。
CSファーストステージ敗退は残念だけど、レギュラーシーズン2位という結果は立派だし、最後にいい試合を見せてもらったので、良かったと思います。
ロッテとのCSといえば、2010年を思い出しますが、あの時は優勝できるというところで最後にぐだぐだになり、結局優勝を逃しての2位。
そしてそのままCS敗退、だったので。
本当に、早く終わってくれと思うくらいつらかった。
それを思うと今年は全然違います。
中島選手がアメリカに行って、おかわりくんとヤスが怪我で出られなくて、ピッチャーも涌井も岸くんも本調子じゃなくて、それでもここまでやれると思えた。

来シーズンは、どういうチームになるのかな。
監督も、辞任されるということです。
渡辺監督、大好きでした。
積極的に、のびのびと、若手をどんどん使って。
次は、どなたが監督かわからないけど、そういうところはなくさないでほしいな。

そして涌井さんもFAという話。
涌井さんは、エースだったのに、問題児だったし、ツンデレだし、今年は最後の数試合以外全然仕事してくれなかったけど、ダメな子ほど可愛いというものなのか、本当に可愛かったです。
チームメイトが大好きで、トレードで号泣したり、カズさんの引退セレモニーでのあのメッセージも、涌井さんらしかった。
もちろん、寂しいけど、他のチームに行ったほうが涌井さんが輝けるなら、喜んで送り出します。

以前にも書いたけど、スポーツで弱いチームとか弱い選手を応援する趣味はありません。
野球も優勝争い、せめてAクラス争いに参加できない時期は、試合結果すら確認しません。
また、優勝、日本一が見たいです。
新生ライオンズを楽しみにして、春を待ちます。
category : Sports

クライマックスシリーズって。

2013.10.05 *Sat*
いいですねー。この制度。
恩恵を受けた時だけそう言ってみてますが、やっぱり優勝チームが決まったあともシーズン最後の最後まで楽しめるから。
というわけで、埼玉西武ライオンズ4年連続クライマックスシリーズ進出決定でございます。
Aクラスも決定ってことですよね。
4月だけは勢いがすごかったので、もしかして優勝しちゃう?と思いましたがそんな上手くいくわけもなく。
鬼門の交流戦からズルズルと、後半はずっと4位5位あたりを行ったり来たりしてたので、もうCSなんて無理だと思ってました。
そうなってくるともう試合結果さえ見なくなるので、わかっていなかったんですが、チームはあきらめずにCS目指してがんばってたんですね。

今年のMVPは浅村選手かな。
まさかこんなに安定感のある4番になるとは思ってなかった。
まさか先発ローテ任せられる選手になると思ってなかった野上選手も挙げたい。
若手がどんどん伸びるチームだと思ってるので、CSも来シーズンも楽しみです。

とりあえず、うれしい!
category : Sports

ビリー・ビーンがカッコいい。

2012.12.21 *Fri*
去年は残念ながら決まらなかったメジャーリーグ移籍。
だから今年は、おまけの一年だと。
おまけでもう一年、西武ライオンズの中島裕之が見られるんだと思いながら過ごしたシーズンでした。
今オフ、アスレチックスへの移籍が決定。
本当に、よかったね。
会見でも爆笑を起こしていたみたいで、流石だなあ。
 →こんなの初めて!中島ア軍爆笑会見

わたしがファンになってからずっと西武のショートを守っていた松井稼頭央さんがメジャーに行って抜けたあと、誰がショートを守るんだろうと。
その時、ショートのレギュラーになったのが中島裕之でした。
同い年だったし、全然知らない選手だったし(2軍とか見てないから)、大丈夫か?と思っていました。
少なくとも、松井さんの穴を埋めることなんてできないだろうと思ってました。
ほんとに松井さんが好きだったので、贔屓目ではありますが。
でも、ちゃーんと穴を埋めてくれた、だけではなく明るくて強いチームを作ってくれたと思う。
ひろくんのおかげだと思う。
来シーズンは、中島裕之がいない西武ライオンズなんだと思うとまだちょっと想像ができないけど、みんな頑張ると思うし、松井さんが抜けてチャンスを掴んだひろくんのように、チャンスを掴める若い選手が出てくると思うし、密かに、陰ながらですが、ライオンズを応援し続けます。

中島裕之選手、ひとまずおつかれさま。ありがとう。
松井さんはメジャー移籍一打席目でいきなり先頭打者HRの派手なデビューをしました。
ひろくんもそのくらいしないとね。(笑)
くれぐれも怪我には気をつけて。
category : Sports

残り30。

2012.09.02 *Sun*
9月に入ってペナントレースも終盤。
西武ライオンズ、1位をキープ中です。
未だに信じられないけど。でも見ていると、本当に強いですね。
そんな今シーズン、一番気になっている選手は涌井秀章投手です。
好きとか応援しているとかではなく、一番「気になる」選手。
西武ファンならみんな気になっているかもしれないけど。
いや、西武ファンだけじゃなくプロ野球ファン全体から注目されているのかもしれないけど。
もちろん、西武のエース。
開幕投手を務めたけどなかなか勝てずに2軍で調整。
戻ってきてそうそう、私生活のトラブルで謹慎。
そして、復帰からずっと抑えを務めています。
最初の頃はハラハラしましたが、今は、ランナーを出しても点は取られない、点は取られても逆転はされない、抑えとしてしっかり仕事をするようになってきたようにみえます。
昨日、20Sを挙げて今シーズン初めてのヒーローインタビュー。
目線をなかなか上げず無愛想なのは相変わらずだなあと思ったけど、話す内容は明らかに成長していた。
前は、他の選手をからかったりお客さんを挑発したりすることも多かったけど、ただ謙虚に感謝の気持ちを話していた。
抑えもいいなあと思ってきたそうですが、どうなんだろう。
少なくとも今シーズンはこのまま「最後は涌井がいるから大丈夫」という安心感を持っていたいです。
球場に行けば、いつでも涌井のピッチングを見られるかもしれないというのはお得感もあります。
でもやっぱり本当は先発で投げるべきピッチャーだと思う。
本人もそう思っているだろうと思う。
それでも、慣れない抑えというポジションで、本当にいろいろと周囲の雑音も多くて嫌になることもあっただろうと思うけど、淡々と積み重ねてきた21S。
今、リーグトップが22Sだから、もしかするとセーブ王も狙えてしまうかもしれないということです。
残り30試合、どうなるかわかりませんが、本来の仕事ができず苦しくても、腐らずにちゃんとやってきた証が今の21Sという数字。
世の中、本当にやりたい仕事ができている人はどれくらいいるんだろう。
自分の本意じゃない仕事でも、真面目にきちんとやればちゃんと評価は付いてくるんだなあと、今シーズンの涌井投手を見ていて思うのです。

しかしほんとに、シーズン前半の、先発投手がいない、抑えもいない、ヤスは結局怪我が治らず未だ2軍で調整中、しかもヒロくんとおかわりくんが交互に怪我するみたいな状況に加え、キャプテンのクリまで怪我で離脱する状況でよくぞここまでやってきたなあと。
ほんとに若手の成長と助っ人さんたちのお力なんですよ。
秋山くん、熊代くん、浅村くん、ピッチャーでは野上くんも雄星くんも成長したなあ。
もちろん、銀ちゃんもね。
満身創痍のチーム状況ですが、それでも勢いを感じる。
久しぶりに優勝争いのドキドキ感を毎日味わっています。
category : Sports

Calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Categories

Recent Comments

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

In Blog Search

Archives

 

Copyright © Key Of Life All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材:ふわふわ。り)